フォトフェイシャル 効果

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルを試したい!安いクリニックやサロンを紹介!

更新日:

セルフの美肌ケアに比べて高額なイメージがあるフォトフェイシャルですが、必ずしもそうとは限りません。

そこで今回は、「まずはお手頃価格で試したい」「高いと続けられない」と思っている人のために、フォトフェイシャルが受けられるクリニックやエステサロンの中から比較的リーズナブルなところを厳選してご紹介しましょう。

フォトフェイシャルについて解説!

フォトフェイシャルとは、まるでカメラのフラッシュを焚いているような強い光を肌に照射する様子から命名された光治療の一種です。

数ある美肌ケアの中でも高い人気を誇っているのは、肌に特殊な光線を照射するだけというシンプルな施術方法にも関わらず、さまざまな肌トラブルを改善へと導いてくれる効果が期待できるからでしょう。

事実、以前は美容皮膚科や美容整形クリニックなどの医療施設がメインでしたが、今ではエステやサロンなどでもフォトフェイシャル系の施術が受けられるようになりました。

フォトフェイシャルの施術で使われる特殊な光は通常「IPL」という略語で呼ばれていますが、正式名称をインテンス・パルス・ライト(Intense Pulse Light)と言い、500~1,200ナノメートルという複数の波長を含んだ幅の広い帯状になっているのが特徴です。

ここで言う波長とは光の長さを表しており、400~800nmくらいの目に見える「可視光線」を中心に400nm以下の短い方を「紫外線」、800nm以上の長い方を「赤外線」と3種類に分類されています。

つまり、フォトフェイシャルで使うIPLはシミや小ジワなどの要因となる紫外線と火傷のリスクが高い長すぎる赤外線を避けつつ、肌トラブルを改善へと導くために必要な可視光線から近赤外線までを束にしたような構造になっているのです。

フォトフェイシャルのメリットとは?

フォトフェイシャル, シミ,しみ,

出典:https://www.dohtai-biyou.jp/

フォトフェイシャルには多くのメリットがありますが、ここでは代表的な3つについてご説明しましょう。特に注目したいのが、肌への負担が軽いにも関わらず美肌効果が期待できるという点です。

光の照射時間を「パルス幅」と言い、短いほど熱が分散されにくくなるため威力も強くなり、結果的に肌への負担が重くなるという性質を持っています。

つまり、光治療の中でもパルス幅の長いフォトフェイシャルは広範囲に熱を分散する分だけ威力がマイルドで、肌への負担も痛みも少なくて済むのです。

その反面、メラニン色素を破壊してシミを薄めたりコラーゲンの生成を促したりと美肌効果も併せ持っています。

2つ目は、施術を受けた直後でも洗顔やメイクができるという点でしょう。光治療と言えばレーザーが有名ですが、施術を受けてから1週間~10日間ほどはガーゼやテープなどを貼って患部を保護しなければなりません。

その点、フォトフェイシャルなら肌への負担が軽い分だけ施術後のケアも簡単で、患部を保護する必要がないのはもちろん日常生活に影響しないのが強みです。

中には、デートの前に受ける人もいれば午前中に受けて午後から出勤する人も珍しくありません。

3つ目に挙げられるのが、シミや赤ら顔などさまざまな症状への効果が期待できるだけでなく、同時に複数の肌トラブルに作用するという点です。

単一波長のレーザーの場合、肌トラブルの種類や状態に合わせて医師が最適な波長を1種類だけ選んで照射するので高い効果が見込めますが、トラブル別に異なる波長の光を照射する必要があります。

一方、フォトフェイシャルの場合はシミに作用する波長も赤みに作用する波長も最初から含まれている幅広の波長ですから、同時に複数の肌トラブルに対応できるのです。

フォトフェイシャルに期待されている効果!

フォトフェイシャル 効果

出典:https://datsumo.miyakojimabc.com/

フォトフェイシャルは実にさまざまな肌トラブルにアプローチしてくれる美肌治療として知られており、その範囲は多岐にわたります。

ここでは、メカニズムに沿って5つのカテゴリーに分けてご説明しましょう。最初にご紹介するのが、「シミ・そばかす・ニキビ跡」といった色素沈着系の肌トラブルについてです。

フォトフェイシャルで照射するIPLには、黒い色素に反応する短い波長の光が含まれています。この短い波長の光を患部に吸収させると、光の刺激によって熱エネルギーが発生してメラニンを分解しながら色素を薄めてくれるのです。

2つ目は、「顔の赤み・赤みを帯びたニキビ跡」についてです。いわゆる赤ら顔とは、アルコール摂取や温度などで拡張した毛細血管が透けて見えている状態を指しています。

IPLには赤い色素に反応する波長も含まれていますので、ヘモグロビンに作用して熱エネルギーが発生すると拡張した毛細血管が縮小していくのです。

また、フォトフェイシャルが赤みを帯びたニキビ跡にも効果的だと評価されている理由は、この赤い色素に反応するという性質が根拠になっています。

フォトフェイシャルは化膿した白ニキビには向かないものの、「炎症性のニキビ」に対しては広く用いられている施術です。

ニキビの主な原因と言えばアクネ菌が有名ですが、IPLにはアクネ菌が出すポルフィリンに作用して殺菌作用を発揮するという性質があります。

さらに、皮脂の分泌を抑制する働きまで併せ持っているのです。

4つ目に挙げられるのが、「肌の弾力・ハリ・毛穴の引き締め・小ジワ」に対する効果です。フォトフェイシャルで照射するIPLには、表皮だけでなく真皮にまで届く長い波長も含まれています。

この長い波長の光によって真皮の線維芽細胞が刺激されると、熱エネルギーが発生するにつれて保湿成分であるコラーゲンをはじめヒアルロン酸やエラスチンなどの生成が促進されるのです。

だからこそ、アンチエイジングに欠かせないリフトアップやスキンタイトニングとしても広く用いられているのでしょう。

最後に取り挙げるのが、「肌のツヤ・美白・透明度」を上げる効果についてです。表皮と真皮の両方に働きかけてくれるフォトフェイシャルは、シミや小ジワなどを改善へと導きながら同時に皮膚細胞の代謝を高めてターンオーバーを整えてくれるという二役をこなしてくれます。

その結果、メラニンが体外へと排出されやすくなるだけでなく、くすみや色ムラなどが改善されて本来の健康的でクリアな肌へと近づけてくれるのです。

また、ごく狭い範囲に集中して照射するレーザーに対して「面」で照射できるのも、肌への負担や痛みが少ないフォトフェイシャルならではのメリットと言えるでしょう。

フォトフェイシャルの料金相場は?

いくらフォトフェイシャルの効果が魅力的だからと言っても、費用を気にせず受けられる人はそう多くはないでしょう。

ですが、残念ながらフォトフェイシャルは医療保険の適用外ですから費用は全額自己負担になってしまううえ、最初から高めの料金が設定されている傾向が見られます。

しかも、使われている機器が統一されていないため施術するクリニックやエステサロンによって差が大きいのが実情です。

目安としての料金相場は1回あたり1~5万円の設定が多いようですが、中には基本料金を設けずにその人の状態に合わせて見積もりを出すクリニックも少なくありません。

フォトフェイシャルは何回施術が必要?

確かに、レーザーに比べると肌への負担が軽くダウンタイムがほとんどないのがフォトフェイシャルの特徴ではありますが、だからと言って月に何度も施術を受ける方法は推奨されていません。

そのため、ペースの目安としては1カ月に1回程度と言われています。ただし、威力がマイルドな分たった1回の施術だけでは高い効果は見込めません。

施術の回数は肌トラブルの種類や症状の深刻さ、その人が理想とする仕上がりの程度にもよりますが、トータルで5回ほどが望ましいとされています。

ちなみに、フォトフェイシャルの効果が持続するのは半年ほどですから、施術後の状態を維持するには肌トラブルが改善された後も一定のサイクルで受け続けるべきだと指摘する専門家も少なくありません。

フォトフェイシャルを受ける店の選び方

フォトフェイシャルの施術が受けられる施設は、美容皮膚科や美容整形クリニックといった医療機関もしくはエステやサロンなどの二択になります。

ここでは、できるだけシンプルに「料金」「効果」「肌への負担や痛み」「リスク管理」という4項目について比較してみましょう。

まず料金を比較してみると、クリニックよりエステの方が安いうえキャンペーンや初回割引など活用できるサービスが多いというメリットがあります。

特にフォトフェイシャルはレーザーに比べて効果がマイルドなので、基本的に数回セットで受けるのが一般的です。しかも、せっかく改善した効果を維持するためには定期的に受けなければなりません。

これらの特徴を総合すると、初めて受ける人やメンテナンスを兼ねた定期ケアをしたい人にとっては、クリニックよりエステが向いていると言えます。

次に効果についてですが、これは肌トラブルの種類に関わらず圧倒的にクリニックが有利です。そもそも、本来のフォトフェイシャルは医療に基づいた美肌治療の一種ですから、正式な施術が認められているのは資格を持っている医師が監督する医療施設に限定されています。

一方、エステでも「フラッシュケア」や「フォトフェイシャルエステ」といったメニューが受けられますが、たとえ医療機関と同じ機器を使っていたとしても法律によって照射のパワーが制限されているのです。

そのため、エステで受けるフォトフェイシャル系の効果は高いとは言えません。つまり、あくまで効果を重視する人にはIPL照射の出力が強い分だけ高い効果が見込めるクリニックの方が向いているのです。

また、肌への負担や痛みもIPLの出力に比例します。照射する出力が強ければ強いほど肌への負担も痛みも増し、弱ければ軽くて済むのです。

だからと言って、痛みを避けたい人にとって必ずしもエステが最適とは限りません。確かに、単純にIPLの出力だけを比較するとエステよりクリニックの方が強力ですから、肌への負担や痛みも比例するように重くなるのは事実です。

ですが、全ての人が対象ではないものの最近では痛みに弱い人に対して麻酔を処方してくれるクリニックも珍しくありません。つまり、「効果の高さ」と「負担の軽さ」のイイとこ取りを狙うなら、エステよりクリニックで麻酔を適用してもらった方が有利なのです。

どんなにポピュラーな施術でも、100%の安全は保障されていません。ごく稀ではありますが、フォトフェイシャルの施術を受けて初めて自分が光の刺激に過敏だったと気付く人もいるようです。

その点、医療従事者による施術が受けられるクリニックなら万が一のトラブルが発生しても適切に対処してもらえる分、安心してフォトフェイシャルの施術が受けられます。

また、シミなのか薄いホクロなのか見分けがつかない、紫外線や加齢による老人性色素斑なのか肝斑なのか判断がつかない場合は、一度クリニックの診断を受けてみた方が良いでしょう。

フォトフェイシャルが格安な店は得?

定期的に施術を受けることを考えると料金の安さは大きな魅力ですが、あまりにも破格の格安料金が設定されている場合は警戒すべきでしょう。

中には、「2回目から数倍の料金に跳ね上がった」「興味のない施術までしつこく勧誘された」というケースも珍しくありません。

クリニックであれば施術代は安いが初診料をはじめ薬代や必要回数が多くトータルで高くなる、エステであれば特定の時間だけが対象になっているお店もあります。

フォトフェイシャルに申し込む時は事前のリサーチが肝心。特に、極端に料金が安い場合は納得できる理由かどうかを調べておいた方が安心です。

フォトフェイシャルでおすすめの店1:品川美容外科

フォトフェイシャル 効果

出典:https://page.line.me/

品川美容外科は言わずと知れた大手にも関わらず、数あるクリニックの中でも良心的な料金が魅力です。こちらのフォトシルクプラスは、初回だけなら8,000円で顔全体に施術してもらえるうえ、2回目以降も13,840円とかなりリーズナブルな料金設定になっています。

しかも全国に42院も展開していますので、転勤で引っ越しを余儀なくされても系列のクリニックに通える確率が高いのも大きなメリットと言えるでしょう。もちろん、料金設定は全ての店舗で統一されています。

さらに、フォトフェイシャルと同じく光治療の一種である「オーロラ」というメニューが提供されているのも品川美容外科のおすすめポイントです。

フォトフェイシャルに比べると出力も効果も控え目ではあるものの、公式サイトに「敷居を下げてでも、より多くの人に美容診療を受けて欲しい」と明記されているだけあって、なんと初回料金が920円という破格の設定になっています。

フォトフェイシャルに興味はあるけど痛みが気になる、もしくは美容診療は受けたことがないという人なら試してみる価値は十分にあるでしょう。

フォトフェイシャルでおすすめの店2:エルクリニック

フォトフェイシャル 効果

出典:https://elcli.com/

エルクリニックは「メスを使わない美容医療」をコンセプトに掲げているだけあって、豊富なメニューの中でも特にフォトフェイシャルに力を入れているのが特徴です。

料金も標準的な必要回数を基準にした5回セットで100,000円、1回あたり20,000円と相場の中央値よりお値打ちになっています。

さらに、頻繁にキャンペーンを開催していますのでタイミングを合わせてより安い料金で施術が受けられるチャンスを狙ってみるのも賢い方法です。

ただし、拠点が新宿と銀座の2ヵ所に限られているのが残念なポイント。その反面、アクセスとしては便利なエリアですから沿線に住んでいる人や職場が近い人にはおすすめのクリニックです。

フォトフェイシャルでおすすめの店3:エヴァーグレース

フォトフェイシャル 効果

出典:https://beauty.hotpepper.jp/

エヴァーグレースの魅力は、何と言っても3つの施術をセットにして美肌効果を高めている点でしょう。

まず光フェイシャルで顔の6ヶ所に照射しながら肌ダメージを撃退しつつ肌環境を活性化させたあと、エレクトロポレーションという施術でトリプルビタミンC美容液を電気の力で肌の深部まで届けます。

最後に行うトリプル保湿処方の高保湿マスクは、潤いを補うだけでなく光の照射で受けた肌ダメージをクールダウンさせる効果も担っているのです。

これだけセットになって初回限定3,980円ですから、数あるエステの中でもかなりリーズナブルな料金設定と言えるでしょう。関東・関西・中部地方に合わせて19店舗を展開しています。

フォトフェイシャルでおすすめの店4:ヴィトゥレ

フォトフェイシャル 効果

出典:https://datsumo-salon.co/

関東を中心に北海道まで全国25店舗を展開しているヴィトゥレのIPLフォトエステは、初回のトライアルコースからたっぷり60分かけて丁寧に施術してもらえるのが魅力です。

しかも体験コースは3,000円とかなりお値打ちになっていますので、一度は試してみたいという人にはぴったりなエステと言えます。

他のエステやクリニックと違って基本の料金設定を設けていないのは、一人ひとりの悩みや肌の状態に合わせて複数の施術をオーダーメイドでカスタマイズしているからでしょう。

その一方、カウンセリングで希望の予算を伝えると効果と費用を調整したプランも作ってくれるので安心です。

とはいえ、オーダーメイドのプランだとどうしても料金に不安を感じるという人も多いでしょう。ですが、こちらのエステではユーザーの不安を軽くするために「返金保証」というサービスが用意されているのです。

申告日から1カ月以内に返金してもらえるので、たとえ転勤や引っ越しなどで通えなくなって途中で解約しても、大切なお金がムダになりません。

また、医師に施術してもらえるクリニックに比べてトラブルが発生した時のリスクが気になるのがエステのデメリットでもあります。

その点、ヴィトゥレなら予期せぬ肌トラブルに見舞われた場合でも全面サポートしてくれる医療機関を紹介してくれる「ドクター保障」が付いていますので、大きな安心材料と言えるでしょう。

フォトフェイシャルでおすすめの店5:湘南美容クリニック

フォトフェイシャル 効果

出典:https://ameblo.jp

全国に46店舗を展開している湘南美容クリニックは、美容クリニック業界の最大手と言っても過言ではないネームバリューに恥じない品質の高さと、分かりやすいシンプルな料金設定が魅力です。

フォトフェイシャルの性質上、数回の施術をセットプランにしているクリニックがほとんどですが、こちらは通常の5回セットの他に1回だけの単発料金も用意されています。

これなら、予定の回数を終了した後に効果が不足していた時や肌メンテナンスとして受けたい時など、気軽に利用できると評判です。

しかも、1回だけなら18,900円の料金が5回セットなら84,000円と、1回あたり2,100円も安い16,800円までお得になります。

初診料や再診料がかからないのも良心的と言えるでしょう。ただし、フォトシルクプラスという最新機種を使っているものの、46店舗の全てでフォトフェイシャルを導入している訳ではありませんので、あらかじめ確認しておく必要があります。

フォトフェイシャルでおすすめの店6:表参道スキンクリニック

フォトフェイシャル 効果

出典:http://www.lasersite.jp/

通常は顔に行うケースが多いフォトフェイシャルですが、年齢が現れやすい「首」にも受けられるのが表参道スキンクリニックの特徴です。

こちらのクリニックは多くの芸能人が利用していることで知られており、この実績からも品質の高さが伺えます。

表参道というおしゃれなロケーションに加えまるで高級エステサロンのような清潔感に溢れた院内環境など、ひと時のステータス感が味わえるのも人気を集めている理由でしょう。

一方、料金の方は1回あたり40,000円と高めの印象は否めませんが、実はコストパフォーマンスの高いクリニックとして知られています。

顔と首の2箇所がセットになっているうえ、通常のIPLに比べて5倍の効果が期待できるBBL光を用いた最新のフォトフェイシャルマシンを使用しています。

つまり、光の刺激を受けても赤くなりにくいほど肌への負担が軽いにも関わらず、レーザー並みの効果まであるのです。

しかも、色黒の人でも施術が受けられることから、今までフォトフェイシャルを受けたくても受けられなかった人にとっては貴重なクリニックと言えるでしょう。

フォトフェイシャル施術の基本的な流れ

フォトフェイシャルの施術を受ける時の基本的な流れは、クリニックもエステも大きな違いはありません。

どちらも最初に行われるのはカウンセリングで、気になるポイントやどの程度までの改善を目指していくか、そもそもフォトフェイシャルが受けられる状態かどうかを確認します。

クリニックの場合は、カウンセリングと初診がセットになっているケースも少なくありません。申込みが済んだら診察後すぐに施術を受けることも可能ですが、日焼けがひどい場合は後日あらためて行われるのが一般的です。

施術の予約を入れた当日は最初にクレンジングと洗顔を行い、所定のシートまたはベッドに横になります。ゴーグルやガーゼで両目をカバーした後に塗るのが、皮膚の表面に熱が溜まるのを防ぎつつ炎症や色素沈着なども同時に防ぐための冷却ジェルです。

その後、患部に向けて専用の機器を使ってフォトフェイシャルの光を照射します。所要時間は、顔全体で10~20分程度が目安です。

終了したら軽くジェルを落としてからクールダウンを行い、最後に洗顔で残ったジェルを洗い流します。もちろん、洗顔後はメイクをしてもOKです。

フォトフェイシャルに副作用はある?

フォトフェイシャルの施術を受ける時は、副作用についても事前に理解しておく必要があります。ここでは、代表的な副作用として「肝斑」「痛み」「施術後の変化」の3点についてご紹介しましょう。

肝斑の場合はフォトフェイシャルの施術で悪化するリスクを伴うため、事前に治療しておく方が安全です。左右対称になるのが肝斑の特徴ですが、見分けにくい場合は医師やエステのスタッフに確認して下さい。

痛みについてはゴムを弾いた程度という人が多数派ですが、体質や緊張の度合いによっては強い抵抗感を覚える人もいるので遠慮せずにストップしてもらいましょう。

中には麻酔を使ってくれるクリニックもあるので、痛みに弱い人は事前に申告するか威力がマイルドなエステの方が向いているかもしれません。

また、施術後は一時的にシミが濃くなったり軽いかさぶたになったりする人もいます。初めてだと驚くでしょうが、これは副作用と言うより肌が再生するプロセスです。

数日もすれば自然に目立たなくなっていくケースがほとんどですから心配する必要はありません。

フォトフェイシャルを受ける店はしっかり選ぼう!

フォトフェイシャルは、単純に料金だけで優劣が付けられる施術ではありません。安いからといって効果が期待外れでは続ける気が失せてしまいますし、反対に高いと継続するのが難しくなってしまいます。

何より安心して受けられるかどうかが、最も重要なポイントと言っても過言ではありません。フォトフェイシャルをどこで受けるか迷った時は、肌への負担やリスク時の対応なども考慮に入れて選びましょう。

-フォトフェイシャル
-,

Copyright© 魔法の美学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

Copyright © 魔法の美学 All Rights Reserved.