フォトフェイシャル

フォトフェイシャルできれいな肌を目指そう!ニキビ跡にも効果あり?

更新日:

ニキビは大人になっても女性を悩ませる肌トラブルの1つです。メイクでもなかなか隠しきれなかったニキビ、せっかく治ってきたと思ったらニキビの跡が残ってしまった…と気にしている方もいるのではないでしょうか。

そこで、そんなニキビ跡にもフォトフェイシャルは効果があるのかどうかをここでご紹介します。ぜひニキビ跡を改善するための参考にしてみてください。

ニキビ跡が残ってしまう理由

フォトフェイシャル 効果
出典:https://plaza.rakuten.co.jp/

まずは、ニキビ跡が残ってしまう理由について紹介します。ニキビとは、過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まることによりできるもので、悪化すると細菌が増殖し、炎症などの症状があらわれます。

なお、ニキビは白や黒、赤、黄色、紫など見た目の状態によって、種類や症状の度合いが異なります。白や黒のニキビは初期段階のニキビです。

毛穴につまった皮脂や老廃物が盛り上がった状態で、まだ炎症は起こしていません。この段階は症状が重篤ではないため、ニキビ跡になる可能性は低く、早めにしっかりケアすれば治りもスムーズです。

赤や黄色、紫のニキビは炎症を起こしている状態です。赤ニキビは炎症を起こし始めたものです。黄色ニキビは炎症が進み、患部が化膿して膿がたまっているニキビです。

炎症は表面だけでなく深部まで広がっています。紫ニキビは最も悪化したニキビです。炎症や化膿を繰り返し、膿や血液がたまって盛り上がっています。

赤・黄色・紫のニキビは、ニキビ跡になりやすい傾向にあるため、専門的なケアをしなければ改善が難しい場合もあります。

そしてニキビ跡は主に3つの種類に分類することができ、それぞれ状態や治りやすさなどが異なります。次の項目で、ニキビ跡の詳細を種類別に確認していきましょう。

ニキビ跡のタイプ1:赤み

フォトフェイシャル 効果
出典:https://ameblo.jp/

1つ目のニキビ跡のタイプは、赤みが目立つ状態です。ニキビが治った後に、炎症の残骸が一時的に残っているため、赤くなっているものです。

また、肌の修復のため、血管が開いていることも赤く見える要因の1つです。ニキビ跡としては初期の段階で、状態も軽度であるため、最も治りやすいと言えます。

肌が自分で修復しようとしているところなので、この時期にしっかり対応すれば、きれいに消すことができるでしょう。

ただし、ここでターンオーバーが乱れてしまうと、ニキビ跡が色素沈着する可能性があります。適切なケアをせず放置したり、ニキビ跡が残ったまま紫外線を多く浴びたりした場合も、色素沈着の段階に進む恐れがあります。

軽い状態だと油断せず、炎症を長引かせないこと、また新たなニキビにならないよう注意が必要です。

ニキビ跡のタイプ2:色素沈着

フォトフェイシャル 効果
出典:http://akainikibiato.com/

2つ目のニキビ跡タイプは、色素沈着している状態です。これは、肌に蓄積したメラニンが色素沈着をしているもので、ニキビ跡としては中程度の状態です。

メラニンと言えば、紫外線などに当たると肌を守るために発生するものとしておなじみですが、ニキビができたときにも似たようなことが起こります。

ニキビが炎症を起こすと、皮膚を炎症から守るためにメラニンが多く発生するのです。そして、排出しきれなかったメラニンが皮膚表面に残って色濃く色素沈着し、茶色いニキビ跡になってしまいます。

ニキビを潰した状態や、赤みのあるニキビ跡のままで紫外線を浴びると、この色素沈着を起こす場合があります。

このタイプのニキビ跡は、シミのように頑固に残ってしまうこともあります。一旦色素沈着すると、薄くするには時間が掛かることも多いため、できるだけ早く適切なケアをすることが大切です。

ニキビ跡のタイプ3:クレーター

フォトフェイシャル 効果
出典:http://shakkun321.hatenablog.com/

最後のニキビ跡タイプは、クレーターのようになっている状態です。陥没肌やクレーター肌と呼ばれるもので、ニキビ跡としては最も重度の段階になります。

炎症によるダメージを強く受け、肌の表面だけでなく、肌の内部にまで影響がおよび、真皮や皮下組織などが破壊されているものです。

破壊された組織に、再生された箇所と再生できなかった箇所があるため、皮膚の表面が陥没してしまいます。ニキビ跡としては大変目立ってしまうタイプです。

この状態になると、セルフケアで改善することはほぼ不可能で、治すためには専門的な治療が必要になります。

フォトフェイシャルはニキビ跡に効果的?

さまざまな段階のあるニキビ跡ですが、それではフォトフェイシャルはニキビ跡に効果的なのでしょうか。ニキビの種類別に紹介していきます。

フォトフェイシャル 効果
出典:https://www.ooyamahifuka.com/

まずは赤みのあるニキビ跡です。フォトフェイシャルでは、血管を収縮させて赤みを抑えるため、赤いニキビ跡に効果的です。

赤いニキビ跡は軽度であるため、セルフケアも不可能ではありませんが、しっかり跡が消えるのか不安な場合もあるでしょう。

専門的な知識のもとでより確実に効果を上げたい場合や、セルフケアでなかなか改善がみられない場合、セルフケアに自信がない場合などはフォトフェイシャルがおすすめです。

フォトフェイシャル 効果
出典:https://www.shiromoto.to/

次に色素沈着をしたニキビ跡です。フォトフェイシャルの光はメラニンに反応するため、色素沈着したニキビ跡にも効果的です。

一旦色素沈着してしまうと、セルフケアでの改善は難しくなります。なかなか薄くならないと頭を悩ませながら、さまざまなケア用品を試すより、フォトフェイシャルで改善をはかった方が効率的です。

フォトフェイシャル 効果
出典:https://www.theory-clinic.com/

最後にクレーターになったニキビ跡です。フォトフェイシャルはコラーゲンの生成が促され、皮膚組織の再生を促進させることができるため、クレーターのようなニキビ跡にも有効です。

凸凹になってしまったニキビ跡は自分だけで改善することはまず不可能です。しかし、肌の修復を体に促すフォトフェイシャルなら、陥没した肌を、凸凹が目立たない状態までなめらかにすることも可能です。

このように、フォトフェイシャルはどのようなニキビ跡のタイプにも効果的にはたらきます。ニキビ跡の改善に悩んでいる場合は、検討する価値のある治療法だと言えるでしょう。

フォトフェイシャルの仕組み

フォトフェイシャル 効果
出典:http://www.milky-removal.jp/

それではここで、フォトフェイシャルの仕組みについてみていきましょう。フォトフェイシャルは、500~1200nmの可視光線や近赤外線を発生させる治療法で、ターンオーバーの促進のため行われるものです。

フォトフェイシャルで発生させる光が、肌の細胞やメラニン、毛細血管など、肌トラブルの原因となっているものに当たると熱に変わり、それぞれの原因にはたらきかけます。

この熱によって肌トラブルの原因にダメージを与え、トラブルの改善が見込めるのです。また、フォトフェイシャルの光はコラーゲンを作り出す細胞を活性化させるため、きめを整え、ハリのある肌を作ることも期待できます。

フォトフェイシャルとレーザーの違い

フォトフェイシャルと似たものにレーザー治療があります。どちらも光治療という部分では同じですが、両者には明確な違いもあります。

レーザーは、単一波長の光を照射する治療です。対してフォトフェイシャルは帯域の広い波長の光を照射します。

フォトフェイシャル 効果
出典:https://www.biyougeka.com/

この光の種類の多さと照射する範囲が、フォトフェイシャルとレーザーの大きな違いです。

レーザーは強い光を照射して治療を行う分、即効性があり、高い効果が期待できます。しかし、単一の波長であるため、1度に取り除けるトラブル要因も限られています。

また、肌への刺激が強く、施術中に大きな痛みを伴うことや、肌トラブルを悪化させてしまう場合もあります。施術後のダウンタイムには、施術箇所に一定期間ガーゼやテープなどを貼り付ける必要もあります。

フォトフェイシャルはさまざまな波長の光を照射するため、1度に複数の肌トラブル要因にはたらきかけることができます。

フォトフェイシャル 効果
出典:https://www.biyougeka.com/

光の強さはレーザーよりも控えめですが、フォトフェイシャルは肌に対するリスクが少なく、マイルドに施術を行うことが特徴です。

施術後もほとんどダウンタイムがないため、普段通りにメイクなどを行えます。

フォトフェイシャルでニキビ跡を改善するために必要な期間

フォトフェイシャルがニキビ跡に効果的であることは説明しましたが、それではニキビ跡を改善するためにどのくらいの期間が適当なのでしょうか。

一般的には3~4週間に1回ずつ、5回程度の施術が必要になります。フォトフェイシャルは直接肌トラブルの要因を取り除くものではなく、ターンオーバーを一層促す目的の治療であるため、頻繁に行うほど効果が上がるというわけでもありません。

ターンオーバーのサイクルに合わせて施術を行うのが最も適当でしょう。

例えば1ヶ月に1回程度の施術を受けるとなると、全体の期間として約5ヶ月かかります。施術を始めてから数ヶ月経った頃に、効果を実感することが多いようです。

即効性がなくても焦らず、しっかり治療を行うことが大切です。また、ニキビ跡の程度や肌質によって、必要な回数はそれぞれ異なります。

カウンセリングなどを通して、自分の肌に適した施術回数と期間を見つけ、より効率的に肌改善を行いましょう。

フォトフェイシャルの費用の相場は?

ニキビ跡を改善するため、フォトフェイシャルの施術を受けたいと考えたとき、気になるのがフォトフェイシャルの料金でしょう。

フォトフェイシャルの費用の相場についても紹介します。フォトフェイシャルは医療行為にあたりますが、自由診療であるため健康保険の適用範囲外です。

したがって、医療費は全額自己負担になります。フォトフェイシャルの費用が少し高額だと感じられるのは、保険がきかないという理由もあるでしょう。

施術1回につき、1~5万円の設定が多いため、この価格帯が大体の相場だと言えます。ただし、フォトフェイシャルでニキビ跡を改善するには、5回程度は施術を繰り返す必要があります。

回数が増えればその分費用もかさむ点は留意しておいた方が良いでしょう。なお、施術にかかる費用は、サロンやクリニックによって大きな差があります。

より安い料金で治療を受けられるところを選びたいと考える方は多いでしょう。しかし、料金だけで施術場所を選ぶと、施術内容が十分でなかったなど、満足な結果を得られない可能性もあります。

料金は1つの条件として、総合的なバランスをみながら、施術場所を選ぶことが大切です。また、お得なキャンペーンなどを行っている場合もあるので、費用を抑えたいときにはチェックして活用するのもおすすめです。

フォトフェイシャルに期待できる肌への効果

それではフォトフェイシャルに期待できる肌への効果について、具体的に紹介します。まず代表的なものは、小じわやシミ・そばかすの改善です。

年齢を重ねるごとに、しわやシミが目立つようになってきたと気にする方は少なくないでしょう。

フォトフェイシャルは皮膚細胞の活性化や、メラニン色素にダメージを与えるため、しわ・シミなどの要因に同時にはたらきかけ、改善に近づけることができます。

今回テーマにしているニキビやニキビ跡の改善にもフォトフェイシャルは効果的です。セルフケアでなかなか改善が見られない場合も、フォトフェイシャルを試してみると良いでしょう。

ヘモグロビンなどの色素にもはたらきかけるため、赤みを軽減させることが期待できます。

また、フォトフェイシャルはコラーゲンの生成を促進するため、ツヤやハリのあるふっくらした肌にすることができます。

これにより、毛穴を引き締め肌のきめを整えたり、肌の弾力を高めたり、肌の透明度を上げたりするなど、肌をより美しい状態にみちびくことが期待できます。

このように、フォトフェイシャルは非常に高い美容効果が期待できる方法です。肌トラブルは幅広い年代層の女性が抱える悩みですが、フォトフェイシャルを活用すれば、多くの場合の改善が見込めます。

フォトフェイシャルが受けられないケースとは?

フォトフェイシャルは肌への負担が少なく、マイルドな施術方法ではありますが、中には施術を受けられないケースもあります。

例えば、アトピーなどの皮膚疾患がある場合は、フォトフェイシャルを受けることはできません。アトピーや皮膚疾患がある肌は、非常にデリケートな状態です。

肌への刺激が少ないフォトフェイシャルでも、通常より敏感な状態の肌に施術を行うと、反対に肌トラブルを引き起こす可能性があります。

フォトフェイシャルを検討している場合は、事前に主治医に相談した方が良いでしょう。

肌の状態としては、日焼けをしている場合もフォトフェイシャルの施術は受けられません。日焼けは肌にメラニン色素が多く発生している状態であり、フォトフェイシャルが色素に反応してしまうためです。

また、妊娠している場合もフォトフェイシャルの施術は不可です。フォトフェイシャルは肌の治療としては新しい施術方法です。

そのため、施術によって胎児や母体にどのような影響が出るのか、わからない部分があります。

また、妊娠中はホルモンバランスが乱れることにより、いつもより肌がデリケートな状態になるため、肌トラブルを起こす可能性も高まります。

フォトフェイシャルが新たな肌トラブルに繋がらないよう、施術を受ける際は、肌の状態にも気を配りましょう。不安であれば施術前のカウンセリング時に確認してみてください。

フォトフェイシャルでの注意点を知ろう!

フォトフェイシャルには注意点もあります。あらかじめ注意点を知っておくことで、より安心して施術を受けることができます。

まず注意したいのは、肝斑に対する影響です。肝斑は頬骨付近や目じりの下、おでこなどにできる、左右対称のシミのことです。

広範囲にわたって発生することが特徴で、30~40歳であらわれることが多い症状です。フォトフェイシャルを受けることによって、この肝斑が悪化する可能性があります。

肝斑自体は内服薬などによって治療することが可能であるため、先に肝斑を治してからフォトフェイシャルの施術を受けた方が良いでしょう。

次はフォトフェイシャルによる肌への刺激に関してです。フォトフェイシャルは基本的に、肌への刺激が少ない治療で、ほとんど痛みを感じないか、感じてもごくわずかである場合が多いことも特徴です。

ただし、痛みの感じ方には個人差があるため、中には強い痛みを感じる場合もあります。また、照射の強さによっても痛みを感じる度合いが変わる可能性があります。

自分のイメージと施術中の感覚に大きな開きが生じないよう、痛みに関しては留意しておいた方が良いでしょう。

また、フォトフェイシャルには目立ったダウンタイムがありません。少しほてりが出るなどはありますが、基本的にそこまで大きな反応はなく、施術後にメイクをして帰れるほど軽いものです。

ただし、施術後にシミが一旦濃くなることがあります。あるいは、人によってかさぶたができることもあります。

これらは正常な反応であり、数日経過すれば、シミは薄くなります。ただし、施術後は肌がデリケートな状態であるため、日焼けしやすくなってします。いつも以上にしっかり日焼け対策することが必要です。

フォトフェイシャルだけでニキビ跡の改善は可能?

さまざまなメリットのあるフォトフェイシャルですが、フォトフェイシャルだけでニキビ跡を改善することは可能なのでしょうか。

結論から言えば、フォトフェイシャルの施術だけでもニキビ跡を薄くすることは可能です。ただし、より効率的にニキビ跡を消すためには、自分でできるケアにも力を入れる必要があります。

フォトフェイシャルは肌のターンオーバーを促進させるものです。しかし、フォトフェイシャル以外の部分でターンオーバーを乱すようなことをしてしまえば、せっかくフォトフェイシャルを行っても、十分な改善を得られない可能性があります。

また、ニキビが繰り返しできないよう予防するためにも、日々の生活を根本から見直すことが必要です。フォトフェイシャルはあくまでも今あるニキビ跡について効果を発揮するものです。

ニキビ跡ができてから対処することを繰り返すのではなく、そもそもニキビを作らないよう、ニキビができにくい生活をおくることも大切です。

ニキビができた原因を理解し改善して、ニキビ予防につなげましょう。

ニキビ跡改善のためのケア1:美白と保湿に力を入れる

ニキビ跡改善のためのケアとして大切なのは、美白と保湿に力を入れることです。特に注目しておきたいのがビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分です。

ビタミンC誘導体は、ニキビや毛穴、美白などに大切なビタミンCをしっかり肌に届けることができます。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれる美白成分で、紫外線などによる損傷から肌をまもってくれます。

このような成分が配合されたスキンケア商品を使用することで、ターンオーバーによる肌の修復をより効果的に行えます。

スキンケア商品を購入する際は成分を確認し、美白成分が多く配合されているものを選ぶのがおすすめです。

また、しっかり保湿をすることで、ターンオーバーを整えて肌の生まれ変わりを促進させることができます。

肌が乾燥すると、体は皮脂を多く分泌し、乾燥を防ごうとします。しかし、皮脂が過剰になり過ぎると、毛穴に余分な皮脂が詰まり、ニキビ跡改善の妨げになる場合や、新たなニキビの発生をまねく可能性もあります。

肌になるべく負担をかけず、正しい方法でスキンケアをすることはとても重要です。紫外線からの影響にも気を付けましょう。

紫外線は炎症をまねく作用があり、ニキビやニキビ跡を悪化させる可能性があります。日焼け止めやUVカットの化粧品を用いるなど、日頃からしっかり紫外線対策をすることも大切です。

ニキビ跡改善のためのケア2:生活習慣を改善する

ニキビ跡改善のためのケアとして、もう1つ重要なのは、生活習慣を改善することです。これまでの生活を見直し、肌に負担をかけたり、ターンオーバーを妨げたり、新たなニキビができたりするのを防ぐことが大切です。

例えば十分な睡眠を取ることは、ニキビ跡改善のために大切な生活習慣の1つです。寝ている間、体からは成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは若返りホルモンとも言われ、皮膚の再生・修復などを行うはたらきがあります。

つまり、この成長ホルモンによって、日中肌に受けたダメージは、夜寝ている間に修復されるのです。

しかし、睡眠が不十分ではしっかり修復が行えず、肌へのダメージが蓄積されるため、ニキビ跡の改善が遅れたり、新たなニキビができたりする可能性があります。

肌のためには6時間以上のまとまった睡眠を取ることが理想的です。

栄養バランスの良い食事を摂ることも大切です。ジャンクフードばかり食べたり、お菓子を食べ過ぎたり、栄養のバランスが乱れることは肌トラブルの元になります。

糖質や油の摂り過ぎ、カフェインや刺激物の摂り過ぎも要注意です。まんべんなく栄養を摂れるような食事を心がけましょう。

お肌の免疫力を上げるビタミンB2やB6、炎症を抑えるビタミンCは、肌トラブルに良いとされています。意識して食事に取り入れるのがおすすめです。

また、「ストレスはお肌の大敵」と言われるほど、ストレスの肌への影響は大きなものです。ストレスによってホルモンバランスが崩れることで、肌荒れやニキビなどのトラブルに繋がります。

ストレスを溜めず、趣味や好きなことに取り組むなど、こまめに発散しましょう。

適度な運動をすることもニキビ跡改善には欠かせないポイントです。運動をして肌の代謝がアップすると、ターンオーバーがスムーズになり、お肌の改善も進みます。

また、運動はストレス発散にも効果的なので一石二鳥です。このように、肌にはさまざまな生活習慣が影響しています。

生活習慣の乱れは肌の乱れに直結しますが、生活習慣を改善すれば、肌をきれいな状態に保てるということです。

自分の生活の仕方を振り返り、より肌に良い習慣を心がけましょう。

焦らずニキビ跡を薄くしていこう!

ニキビ跡は、悪化するとなかなか改善が難しくなるものです。セルフケアがなかなかうまくいかず、改善を諦めている方もいるかもしれません。

しかし、フォトフェイシャルなどの施術を受けながら、美白・保湿に適した商品で念入りなスキンケアや、肌に良い生活習慣を心がけることで、少しずつニキビ跡を薄くしていくことは可能です。

また、ニキビ跡を繰り返さないためには、根本的にニキビの発生を予防することも大切です。ニキビ跡が悪化する前に対処を始めれば、跡をほとんど残さず薄くできる可能性も高まります。

セルフケアで状態が改善しない場合は、フォトフェイシャルなど専門的な施術を受けることをおすすめします。できるだけ早い段階から対策をして、焦らず着実に改善を目指しましょう。"

-フォトフェイシャル
-,

Copyright© 魔法の美学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

Copyright © 魔法の美学 All Rights Reserved.