フォトフェイシャル シミ

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルの副作用とは?知っておきたいリスクと対策!

更新日:

シミやしわ、くすみといった肌の悩みを抱えている人も多いでしょう。フォトフェイシャルは肌に嬉しい効果が多く期待できるケア方法です。

試してみたいと思っている人も少なくありません。しかし、フォトフェイシャルの施術を受ける場合には、副作用にも気をつける必要があります。

この記事では、フォトフェイシャルを受ける上で知っておくべき副作用やリスク、対策などについて、詳しく解説していきます。

フォトフェイシャルの仕組みを知ろう!

フォトフェイシャル シミ
出典:http://www.esthe-esprit.com/

フォトフェイシャルはさまざまな効果が期待できるケア方法で、光治療とも呼ばれています。その名前の通り、IPLという特殊な光を照射することによって肌の悩みにアプローチしていく治療方法です。

フォトフェイシャルはさまざまな効果が期待できるケア方法で、光治療とも呼ばれています。その名前の通り、IPLという特殊な光を照射することによって肌の悩みにアプローチしていく治療方法です。

一般的には、ジェルを塗って目隠しをした状態で、顔全体に照射していくことになります。シミ取りレーザーが1つの波長であるのに対して、フォトフェイシャルは複数の波長を含んでいることが特徴です。

そのため、さまざまな症状に合わせて光を照射することが可能です。

フォトフェイシャルで使用されるIPL装置は、500~1200nmの波長を持つ可視光線、もしくは近赤外線を発生させます。

この光によって、熱が生まれて、シミのもとになるメラニンや赤ら顔の原因になる毛細血管、細胞などに働きかけるのです。

熱が伝わることで、シミを薄くしたり赤みが減ったりといった、肌トラブルの改善が期待できます。

フォトフェイシャルのメリットとは?

フォトフェイシャルのメリットは、3つあります。まずは、肌に優しいことです。フォトフェイシャルは肌への負担が少ない治療法として知られています。

IPLはエステ脱毛でも使われているもので、レーザーよりもマイルドな光になっています。そのため、肌へ大きな負担をかけることがないのです。

敏感肌でも施術を受けられる可能性があります。また、肌細胞を活性化させる効果もあるため、美肌効果も期待できるのです。

シミやしわなどを改善しながら、キメが整った美しい肌へと導いてくれるので、トータルケアをしたい人にはぴったりの治療法となっています。

2つ目のメリットは、さまざまな症状への効果が期待できることです。前述したとおり、フォトフェイシャルは幅広い波長の光線を含んでいることが大きな特徴となっています。

肌トラブルを改善するためには、それぞれにあった波長の光を照射する必要があるのですが、レーザー治療では1つの光線しか照射できないことが多いのです。

そのため、目的ごとに機器を使い分けることになります。一方、フォトフェイシャルの場合は光の波長幅が広いので、一度にさまざまな肌トラブルに対応することができます。

肌の悩みが多くある、短い時間で一気に治療をしたいという場合には向いているでしょう。

最後のメリットは、治療後、すぐにでも洗顔やメイクが可能な点です。フォトフェイシャルは肌への負担が少なく、ダウンタイムが必要ありません。

そのため、治療を受けてクールダウンした後はすぐにでもメイクができます。化粧をせずに帰るのが不安、治療後に予定があるといった場合でも安心なのは良い点でしょう。

レーザー治療などのように、シミ部分にテープなどを貼る必要がないので、メイクしても不自然になりません。

フォトフェイシャルに期待されている主な効果

フォトフェイシャル シミ
出典:http://www.skin-c.com/

フォトフェイシャルはさまざまな肌トラブルへの効果が期待できます。まずは、気になる小じわです。フォトフェイシャルの光には真皮にある細胞を刺激して、コラーゲンの生成を高める効果があるといわれています。

コラーゲンが生成されることで、ほうれい線や目の周りの小じわなどが目立ちにくくなるといった効果が期待できるのです。

コラーゲンが生成されるため、肌の弾力性も増します。ハリやツヤがアップする可能性があるので、たるみなどに悩んでいる場合にもいいでしょう。

シミの改善やニキビ、ニキビ跡の改善も期待できるとされています。IPLはメラニンに反応する性質があり、照射することでシミやニキビ跡を肌表面に浮かび上がらせるのです。

現在あるシミだけでなくシミ予備軍にも反応します。浮かび上がったシミやニキビ跡は、肌のターンオーバーによって剥がれ落ちますので、シミやニキビ跡が薄くなったり、ニキビが改善したりする効果が見込めるのです。

加齢によって毛穴が開いて気になる人も多いでしょうが、フォトフェイシャルでは毛穴を引き締める効果も期待できます。

光を照射することで、毛穴が引き締まるのでキメが整った肌に近付けることができるでしょう。また、フォトフェイシャルは赤みの軽減にも効果があるといわれています。

顔の赤みは血管の拡張によって起こるのですが、フォトフェイシャルには血管を収縮させる効果があるのです。そのため、顔全体の赤みだけでなく、小鼻の赤みやニキビなどによる部分的な赤みなどを薄くすることが期待できます。

肌の透明感アップにも効果が期待できるでしょう。光を照射することで肌細胞が活性化します。活性化することによってくすみが改善して、透明感を高めてくれる可能性があるのです。

美白効果なども期待できますから、白くて透明感のある肌を目指したい場合にも向いています。

フォトフェイシャルで注意したい副作用1:火傷

フォトフェイシャルを受ける場合には、副作用が出るケースもあります。まずは火傷です。基本的に、フォトフェイシャルは肌への負担が少なくて優しい治療方法なのですが、火傷してしまう場合もあります。

たとえば、出力が強すぎたり機器を間違って使用してしまったりしたときには、火傷してしまう危険性があるでしょう。冷却が十分でない場合にも火傷してしまう可能性があります。

また、肌質によっては火傷のような症状が出やすいこともあるので注意が必要です。フォトフェイシャルの光はメラニンに反応します。

そのため、もともと色黒の人や日焼けによって肌が黒くなっている人などは、火傷のような症状が出やすいのです。

肌の色だけでなく、タトゥーやアートメイクなどにも反応してしまう可能性があるので気をつけましょう。フォトフェイシャルを受けたいと思うのなら、日焼けをしないようにして過ごすことが大切です。

万が一火傷のような症状が出た場合には、速やかに医師に相談しましょう。放っておくと悪化したり、火傷部分が色素沈着してよりひどいシミになったりする場合もあります。

そのようなトラブルを防ぐためには、医師に診断してもらって、適切な治療を受けることが重要です。

フォトフェイシャルで注意したい副作用2:発疹

フォトフェイシャルを受けたことによって、発疹が起きることもあります。小さな赤い発疹が現れて、炎症になってしまうことがあるのです。

これは、「毛包周囲炎」と呼ばれています。この発疹は、軟らかい毛が濃くなっている部分に光を照射することで起きやすいといわれています。

炎症を抑える薬を塗布することで、数時間から数日程度で症状は治まるでしょう。放っておくと悪化する危険性もありますから、気がついたらすぐに医師に診てもらって適切な薬を処方してもらうと安心です。

フォトフェイシャルで注意したい副作用3:肝斑の悪化

フォトフェイシャルで注意したい副作用には、肝斑の悪化があります。そのため、肝斑がある状態でフォトフェイシャルを受けるのは、やめておいたほうがいいでしょう。

シミの改善が期待できるフォトフェイシャルですが、肝斑がある状態で光を照射してしまうと炎症を起こして色素沈着してしまう可能性があります。

結果として肝斑が悪化してしまうことがあるので、注意が必要です。

そもそも、シミと肝斑は見分けがつきにくいものです。そのため、シミだと思ってフォトフェイシャルを受けたけれども実は肝斑だったということも起こりやすくなっています。

気づかずにフォトフェイシャルを受けてしまうと、肝斑がひどくなってしまうこともあるので、シミなのか肝斑なのか、しっかりと見極めることが重要です。

肝斑が悪化してしまうと、シミがなくなったとしても顔全体の印象が老けて見えてしまいます。あまりいい効果が得られなくなるので、肝斑とシミの見極めには気をつかうようにしてください。

フォトフェイシャルで注意したい副作用4:一時的にシミが濃くなる

フォトフェイシャル シミ
出典:https://www.ks-skin.com/

フォトフェイシャルでは、一時的にシミが濃くなります。これは、治療の失敗ではなくシミが薄くなる過程で起こる副作用なので、覚えておくといいでしょう。

シミの改善が期待できるフォトフェイシャルですが、治療をしてすぐにシミが薄くなるわけではありません。施術後数日間はシミが濃くなるのです。

シミが濃くなっていると、治療が失敗したのではないかと不安になってしまうでしょうが、これは一時的な副作用なので心配することはありません。

フォトフェイシャルは光を照射してメラニンを浮かび上がらせるため、施術後はシミが濃くなって見えるのです。浮き上がってシミが濃くなっているということは、フォトフェイシャルがうまくいっていることを表しているのです。

その後、肌のターンオーバーによって、シミは薄くなっていきます。肌が改善するためのステップとして一時的にシミが濃くなるだけですから、あまり心配する必要はないでしょう。

フォトフェイシャルで注意したい副作用5:シミの再発

フォトフェイシャルの副作用として注意したいことの1つに、シミの再発があります。シミの程度によっては、一時的に改善したとしてもまた再発してしまう可能性があるのです。

人それぞれフォトフェイシャルによる効果の表れ方は違いますし、治療の必要回数も変わってきます。シミの程度によっては何度も治療を受けなければいけないことがあるので、注意しましょう。

また、照射後の冷却が不十分だった場合でも、シミの再発が起こりやすくなります。照射後は、肌のクールダウンをしっかりとおこなってトラブルが出ないように気をつけましょう。

また、今あるシミが改善した後に、また新たなシミが発生することも少なくありません。フォトフェイシャルを受けたことで安心して、ケアを怠ったり間違ったケアをしたりすると、新しいシミができてしまう可能性が高いので注意しましょう。

フォトフェイシャルは今あるシミへの効果と、シミ予備軍への効果を狙いますが、ケア不足によって発生するシミを防ぐことはできません。

リスクを抑えるための対策1:信頼できる店で施術を受ける

フォトフェイシャルのリスクを抑えるためにはまず、信頼できるクリニックで施術を受けることが大切です。フォトフェイシャルは比較的肌への負担が軽い治療法ではありますが、ダメージがゼロというわけではありません。

少なからず負担はかかるので、信頼できる安全性の高いクリニックで施術を受けるようにしましょう。フォトフェイシャルは医療行為に分類されています。そのため、医師が常駐していて施術も医師がおこなってくれるところを選ぶと安心です。

中には、看護師が施術をおこなう場合もありますが、これは本来なら違法なので事前に確認しておくといいでしょう。

また、フォトフェイシャル協会に加入しているかどうかも判断基準になりますから、チェックしてみてください。

フォトフェイシャル シミ
出典:http://www.kurumatani-clinic.com/

フォトフェイシャルをおこなっているクリニックは多くありますが、ついつい値段の安さだけで選んでしまうこともあります。

しかし、安いからという理由だけで安易に選んでしまうと、ケアが十分でなく、火傷やシミの再発などといったトラブルが起こってしまう可能性もあるのです。

フォトフェイシャルを受けたい場合には、値段だけでなくしっかりと施術内容やケア方法などを確認することが大切になります。

口コミをチェックしてみるのもいいでしょう。そのうえで、カウンセリングに出向いてわからないことや不安なことがあれば、きちんと聞いてみてください。

詳しく説明をしてくれるか、質問に丁寧に答えてくれるかどうかといったことを確認して、納得できるクリニックだと思ってから施術を受けると安心です。

カウンセリング段階で不安を感じるようなら、ほかのクリニックを選んだほうが無難です。肌に関することですから妥協せずに、自分が納得できるクリニックを探してみましょう。

リスクを抑えるための対策2:フォトフェイシャルだけに頼らない

フォトフェイシャルは、シミやしわの改善、透明感のアップなど肌に対してたくさんの嬉しい効果が期待できる治療法です。

しかし、フォトフェイシャルだけに頼るのはやめましょう。フォトフェイシャルの治療を受けているから大丈夫だと思ってケアをしないでいると、肌の状態を維持することは難しくなります。

フォトフェイシャルでは、さまざまな肌トラブルの改善は期待できますが、予防効果があるわけではありません。シミなどの予防は、あくまでも自分自身でおこなう必要があるのです。

シミやしわの予防には、日ごろからのケアが重要になります。フォトフェイシャルを過信しすぎてスキンケアを怠っていると、また新たな肌トラブルが起こってしまう可能性があるので、毎日のケアは欠かさないように心がけましょう。

リスクを抑えるための対策3:肝斑は先に治療をする

フォトフェイシャルのリスクを抑えたいと思うのなら、肝斑は先に治療をしておいたほうがいいでしょう。肝斑とシミの見分けがつかないという人も多くいます。

フォトフェイシャル シミ
出典:https://matome.naver.jp/
フォトフェイシャル シミ
出典:http://kanpan-sos.com/

通常のシミは、点々と色々な部分にできることが多いです。しかし、肝斑の場合には左右対称に現れることが多いのです。

また、少しぼやけたシミのように見えることも特徴となっています。点々とできるのではなく、左右対称にシミのようなものが広がっている場合には肝斑の可能性が高いので、医師に診断してもらうといいでしょう。

判断できない場合には、フォトフェイシャルを受ける前に皮膚科などで診断してもらうと安心です。

フォトフェイシャルでは肝斑を悪化させる可能性が高いので、まずは肝斑の治療をおこなうことが先決です。肝斑がある状態でのフォトフェイシャルはやめておいたほうが無難です。

肝斑かもしれないと思ったら、病院で診断してもらって適切な治療を受けてください。どうしてもフォトフェイシャルをしたい場合には、肝斑の治療が完了してからおこなうようにしましょう。

リスクを抑えるための対策4:シミの予防策は並行して行う

フォトフェイシャルの治療をしている場合でも、シミの予防策は並行してしっかりとおこなうことが重要です。シミになる主な原因としては紫外線が挙げられますが、紫外線は日々肌へ刺激を与えています。

そのため、きちんと予防策を取っていないと、新しいシミがどんどんできてしまう可能性も高いのです。いくらフォトフェイシャルをしてシミを薄くしても、次から次へと新しいシミができたのでは意味がありません。

美しい肌を保つためには、今あるトラブルを改善することはもちろんのこと、トラブルを予防することも非常に大切です。

紫外線から肌を守るためには、日焼け止めをきちんと塗るなどの対策をするといいでしょう。夏場しか日焼け止めを塗っていない人も少なくありませんが、紫外線は冬でも肌へ刺激を与えています。

季節関係なく日焼け止めを塗っておくとシミ対策になるので、冬場でも対策を怠らないようにしてください。フォトフェイシャルと予防策を並行しておこなうことで、肌を良い状態に保ちやすくなります

リスクを抑えるための対策5:体の変化はこまめに報告する

フォトフェイシャルによるリスクを抑えるためには、体の変化を感じた場合にはこまめに担当の医師に報告することも重要になります。

施術中や施術後に、気になる体の変化があったら放っておかずに、すぐに医師に相談するようにしてください。

特に、発疹がでてきてしまった、肌が赤くなっている、肌がピリピリするというような火傷に似た症状が出たといった場合には、すぐに診察してもらうようにすると安心です。

肌質は人それぞれ違います。そのため、フォトフェイシャルによってどのような変化が出るのかは、人によって変わってくるのです。

大した症状ではない、インターネットなどの情報では問題なさそうだったと軽く見ていると、肌トラブルが悪化してしまうこともあるので、注意しましょう。

いつもと違うと感じたら、小さなことでも相談して診察してもらうように心がけてください。また、体調不良の場合には治療を受けることは控えたほうがいいでしょう。体調不良の状態で受けてしまうと、さらに悪化させる危険性もあります。

生理中などの肌の状態が敏感なときも控えたほうがいいといわれていますので、注意しましょう。

リスクを抑えるための対策6:正しいスキンケアをする

正しいスキンケアをすることも、リスクを抑えるための対策の1つです。肌へのリスクを抑えるためには、日ごろから肌のバリア機能を高めておくことが大切になります。

肌のバリア機能とは、外からの異物の侵入や攻撃から肌を守り、体内から水分が蒸発していくことを防ぐという役割を担っています。

このバリア機能が低下してしまうと、肌トラブルが起きやすくなるので注意しましょう。

肌のバリア機能を維持するためには、正しいスキンケアをすることが求められます。肌に負担がかかることでバリア機能は低下してしまいますから、肌への負担が少ない洗顔、スキンケアを心がけましょう。

洗顔する場合にゴシゴシと強く擦ってはいけません。摩擦は肌へのダメージになってバリア機能を弱めてしまいます。

また、1日何度も洗顔料を使って顔を洗うのもやめたほうがいいでしょう。洗いすぎることで肌が乾燥して傷つきやすくなるのです。

洗顔する際には優しく撫でるようにおこないます。熱いお湯ですすぐと肌へのダメージになるので、熱すぎるお湯で洗うのも控えたほうが安心です。ぬるま湯程度がベストでしょう。

洗顔した後には、すぐに保湿をします。乾燥することでバリア機能は低下しますから、洗顔後はできるだけすぐに保湿をすることが重要です。

この際、肌に合ったスキンケア商品を使うようにしましょう。肌に合わないものを使っていると、かゆみなどが現れて肌へは逆効果です。

また、メイク用品も肌に合ったものを使うこともポイントになります。長時間メイクしている人も多いでしょうから、できるだけ自分の肌に合っていてダメージが少ないものを選んだほうが安心でしょう。

リスクを抑えるための対策7:生活習慣を見直す

生活習慣を見直すことも大切です。生活習慣が乱れることで、肌のターンオーバーも乱れてしまって、肌が弱い状態になってしまうのです。

肌を良い状態に保つためには、生活習慣に気をつけることはとても大切なことなので、意識しておくといいでしょう。

生活習慣で重要なのは、「睡眠」「食事」「ストレスケア」の3つになります。

まずは睡眠です。肌のバリア機能を高めるためには、質の高い睡眠を取ることが大切だといわれています。これは、体内時計が関係してきます。

徹夜などをして体内時計が乱れることで、肌を守るために必要な物質が分泌されにくくなります。そうなると肌がダメージを受けやすくなり、肌が弱くなってしまうのです。

毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる、というように睡眠リズムを一定に保つように意識しましょう。

睡眠の質を上げることも大切ですから、寝る1時間前ぐらいからはスマホやパソコン、テレビなどを見ないようにして、ブルーライトを遮断することも意識してみてください。

バランスの良い食事を摂ることも肌にとっては非常に重要になります。偏った食事を摂っていると、必要な栄養素を十分に摂れない可能性があるので、バランスを考えて食事をするようにしましょう。

肌に良い栄養素としては、タンパク質やビタミンや食物繊維が挙げられます。タンパク質は皮膚や髪の主成分になる栄養素ですから、不足すると健康な肌が作られません。

タンパク質は、肉や魚、大豆製品などに多く含まれています。ビタミンや食物繊維は野菜や果物などに多く含まれているので、こちらも意識して摂るようにしましょう。

ストレスケアもおこなってください。ストレスが溜まっていると、老化の原因となる活性酸素が発生してしまいます。

ストレスがあるのは仕方ないことですが、過剰に溜め込むのはよくありません。ストレス発散方法は人それぞれ違うでしょうが、軽い運動や入浴、趣味に没頭する時間を作るなどして、ストレスを定期的に発散していきましょう。

リスクを抑えてフォトフェイシャルを活用しよう!

フォトフェイシャルは、肌にとってさまざまな良い効果があると広く知られる治療法です。しかし、フォトフェイシャルには少なからず副作用もあるのです。

フォトフェイシャルのリスクを抑えるには、日々の過ごし方を工夫することが大切になります。

スキンケアに気をつける、生活習慣を見直すといったことを心がけるだけでリスクを軽減することができますから、意識しておこなうようにするといいでしょう。

-フォトフェイシャル
-, ,

Copyright© 魔法の美学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

Copyright © 魔法の美学 All Rights Reserved.