フェイス

美しい横顔を手に入れたい!鼻の美容整形ってどうするの?

更新日:

■鼻ってどこまで変えられるのでしょう

現在では美容整形の技術も進化し、より理想の顔立ちへと近づけることができるようになりました。鼻の美容整形で手を加えることが可能かつもっともポピュラーな場所は鼻筋や鼻先、そして小鼻です。

鼻筋を通して顔立ちにメリハリを加える手術や、高さがなく丸みの気になる鼻先を整える手術、存在感が強すぎる小鼻を目立たなくする手術等を行い顔立ち全体をノーブルな印象にすることが目的ですが、これらの手術の中で、プロテーゼ使用するのは鼻筋に関係するものです。

プロテーゼ挿入で得られる効果は平たんなシルエットの改善です。鼻筋を通すと鼻先がシャープに見え、さらに小鼻も目立たなくなるため手軽で大きな効果が望むことができます。

実際手術を受けた人も劇的な変化についてつぶやいています。
---口コミ

■どんなひとが向いている手術なの?

  • とにかく鼻を高く見せたい
  • 鼻筋が気になる
  • 顔を立体的に見せることで顔の印象を小さく
  • 団子鼻がコンプレックス・とにかく鼻を高く見せたい

■美しい横顔ってどんな顔?

横から見た美しいラインの名称として有名なのがEラインです。鼻の頭と顎の先を結んだライン上に唇が並ぶとバランスのとれた美しい横顔とされますが、加えておでこから鼻にかけてのS字ラインも美しい横顔の印象を作るうえで重要です。

鼻にプロテーゼを入れる場合は、これらのラインを意識して手術することも大切ですが、手術の対象である鼻を部分的に考えるのではなく目や口もとなどの顔立ちを構成するパーツとのバランスを考えた手術をすることが大切です。

■鼻の軟骨ってどういうしくみになっているの

鼻は呼吸器ともつながる大切なパーツです。そのため屋台骨である骨は柔軟性がありつつ頑丈な軟骨で組織されています。側軟骨、大鼻翼軟骨、小鼻翼軟骨といった複数の軟骨により形成されています。

■プロテーゼの種類について

個人差の激しいパーツであり、また各自理想の形が異なっているためバリエーションの多いパーツを所有している病院での手術をお勧めします。また、チョイスしたものに対して各自の理想や状態にあった形にさらに加工する病院もあるようです。

ただし、大まかに分けてI字型、L字型、その中間と3つのタイプを使用する病院が大半をしめています。

◎I字型

アルファベットのI字型のプロテーゼです。鼻先にあまり負担をかけたくない場合に使用するタイプです。

◎L字型

アルファベットのL字型のプロテーゼです。隆鼻と同時に鼻先にメリハリを出すことができます。

◎中間型

L字型の角のあたりが強いばあい皮膚の組織をを痛めないように角に丸みを与えI字とL字の間をとったような形の中間型と呼ばれるプロテーゼを使用します。

■プロテーゼはどんな素材でできているの

医療用具において一番重要なアンチ・アレルギー性をもつシリコン素材を使用し、本来の鼻の軟骨に近い柔らかさの素材で形成されています。やわらかいく皮膚組織になじみやすいため、見た目に違和感を与えにくいうえ効果的です。

病院によっては各自の鼻の状態にあわせたオーダーメイド制を設けているところもあります。基本的には仕上がりの幅や高さ、角度の3点のバランスをみながらの作成となります。このバランスが崩れると違和感を与えたり鼻だけ目立ってしまう恐れがあります。

■ヒアルロン酸とプロテーゼどちらがよいの

隆鼻手術に使用されるものとして、プロテーゼ以外ではヒアルロン酸を注入する方法もあります。ヒアルロン酸による美容整形は、プロテーゼを挿入する方法より簡単で負担の少ない方法です。この二つの相違点は主に形成の方向性です。

全体的に高さが欲しいときは、新しく理想の形の骨を入れなおすようなニュアンスが必要となるため、プロテーゼをおすすめしますが全体のバランスを整える程度、鼻先のみが気になる場合などはヒアルロン酸を利用した方法をおすすめします。

◎ヒアルロン酸の注入の際注意すること
ヒアルロン酸による手術はいわゆるプチ整形に分類される場合が多いです。なので本格的な高さを出す手術を希望しているばあいは、ヒアルロン酸が流れて理想の形にならない恐れがあることに注意してくださいね。

◎プロテーゼの挿入の際注意すること
ヒアルロン酸では難しいとされる高さをだすことに特化した手術が可能です。特にL字プロテーゼは鼻の柱部分を高く見せることができるため外国人風の高い鼻を形成することができます。しかしながら、ごくまれに挿入したプロテーゼがなかなか安定せず、望む場所で固定しにくい場合があります。

■耳介軟骨移植とは

耳からとったな軟骨を用いて移植することで、理想の鼻の形にしあげる方法です。鼻先にスマートな印象を与えることができます。耳介軟骨単体での手術も可能ですが、I字のプロテーゼも一緒に挿入する方法がとられることが多いです。

理想とする角度やかたちによって、耳の軟骨の大きさを変化させます。この手術の利点は自身の体の一部の軟骨を移植するためアレルギー等のトラブルを起こる確率が非常に低いということです。主に耳珠や耳輪という耳の軟骨部分を使用しますが、切開部分が目立たないよう配慮して切除するため心配はいりません。

■ここも気をつけたい。プロテーゼ手術

  • 痛みの軽減にたいして配慮してくれる病院を選ぶこと
  • 最新の機器を用いた衛生的な手術をしてくれる病院をえらぶこと
  • 十分な医師やスタッフがそろっている病院を選ぶこと

どちらかと言えば痛みの強い印象のある鼻の手術ですが、麻酔の専門医が所属していれば患者の立場にたち、痛みを感じにくい手術をしてくれる可能性が高いと思われます。またメスを使用した手術なので、感染症などに気を付けたいものです。

手術に使うメスをはじめとする医療器具は現在では一回きりの使い捨てのタイプを使用したり、その他器具においても殺菌・滅菌を徹底した病院選びをするべきです。またしっかりとした専門スタッフが相談に乗ってくれる病院であることも大切な条件です。

■プロテーゼってどう挿入する?

プロテーゼの挿入法には主に2タイプの方法があります。オープン法とクローズ法とよばれる方法です。オープン法では鼻下の鼻柱わずか5mm程度の切開によってプロテーゼを挿入してゆきます。

なにしろわずか5mm、しかも鼻の下の部分からの挿入のため傷跡が判りにくいのが一番のメリットです。また傷がいえるのも早くほとんど傷跡が残らないところも人気の理由です。クローズ法は鼻の穴を切開し、そこからプロテーゼを挿入する方法です。

傷が鼻の穴の中に残るだけなので外部からは傷跡がまったくわからないのがメリットです。恐怖感の少ないクローズ法と傷跡がないオープン法、手術を受ける人それぞれの鼻の状態、心の状態に合わせた方法が選べます。以下両方法のプロセスを少々載せておきます。

◎オープン法のプロセスはこんなかんじ
1.針(ごくごく細い糸のようなもの)にて麻酔注射します。ここでも極力痛みが軽減されるようごく遅いペースで様子を見ながら麻酔薬を注射。
2. 鼻の下を切開し、二重瞼の手術でも使用する傷跡が目立たない特殊な方法で5ミリほど切開します。
3. プロテーゼを入れられるように切開部分をもちあげます。
4. 鼻骨に合わせながらプロテーゼを挿入します。
5. 切開部を手術用の糸で丁寧に縫合します。
6. 縫合部をよく冷やして手術終了です。

◎クローズ法のプロセスはこんなかんじ
1. オープン法同様に、極力刺激を避けるかたちで麻酔注射をおこないます。
2. 鼻孔をメスで切開します。
3.首尾よくプロテーゼが挿入できるように切開部分をひらいてゆきます。
4.鼻骨にあわせて、プロテーゼを整えながら挿入します。
5. 切開した鼻孔を縫合します。
6. 縫合部分を冷却して手術終了です。。

■やりなおしも可能

万が一、挿入したプロテーゼが気に入らなかった場合、なにかしらトラブルがあった場合も手術のやり直しが可能です。とは言え、そうなった場合のことを考えると、病院選びの際にセカンドオピニオンの提示や、術後のアフターケアも手厚い病院を選ぶことが大切だということがわかります。

一言で鼻の美容整形と言ってもさまざまなプロセスがあり、きれいになるのにも一苦労といった感じですね。ヒアルロン酸注入にしろ、プロテーゼ挿入の手術をうけるにしろ美容整形につきものの「個人差」という言葉が付きまといます。

いくらやり直しが可能であったり、時間がたてば元に戻ってしまう手術であってもやはり挑むからには確実にきれいに変身したいものです。

理想の自分について術前によく考えてみることもさながら、しっかりとしたカウンセリングをしてくれる病院、理想を実現してくれる技術やセンスを持っている病院を探すことが理想の横顔を手に入れる近道と言えそうです。じっくりと病院探しをして、満足のゆく、きれいな横顔を手に入れてくださいね。

-フェイス

Copyright© 魔法の美学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

Copyright © 魔法の美学 All Rights Reserved.