スキン

肝斑をなくす皮膚の美容整形|特徴・施術法・効果・副作用・コスト・口コミレビューまとめ 

投稿日:

肝斑はシミやソバカスのようですが、別の要素を持った肌のシミであります。肌をくすませる原因となるのは変わりありませんが、美容整形外科で施術をするには通常の美白ケアとは異なる方法が用いられます。

自己判断で単にシミができたとクリニックに訪問したり、間違った診断で肝斑施術を行うと、逆効果になってしまう場合もあります。

このように、肝斑とシミは別物の症状であり、しっかり肝斑の特徴や施術法を把握して、適切な施術で治療することが大切です。

ここの記事では、肝斑の基本的な知識をはじめ、施術法や効果、副作用、コスト、そして口コミをまとめました。自分のシミは肝斑なのか、一般的なシミなのか、ここで最初に判断しながらクリアな肌に改善しましょう。

肝斑とは?

肝斑はシミとよく間違えられる肌トラブルです。そもそも肝斑にはどんな特徴があるのか、まずはシミとの違いを比べながらチェックしましょう。

肝斑とシミの異なるポイント

肝斑とシミは、発生する原因や発生する部位、年代、治療法が異なります。表でチェックしてみましょう。

 
肝斑シミ

原因
  • ピル
  • 女性ホルモン
  • 妊娠
  • スキンケア
  • 紫外線
  • ストレス

 

  • 紫外線
  • メラニン色素の沈着
  • ターンオーバーの乱れ
  • タバコ
  • 乾燥
  • 睡眠不足

 

発生部位 目の周辺に対称的に発生 顔のあらゆる部分に不規則に発生
起こりやすい年代 30〜50代前半 あらゆる年代
治療法
  • 弱めのレーザー
  • 美白内服薬
  • 美白外用薬
  • イオン導入などの治療

 

高周波レーザー

肝斑とシミではあらゆる面で異なることがわかります。肝斑では、左右対称にシミができることである程度判断をつけることができます。また、治療法は後で詳しく説明しますが、肝斑施術には出力が弱めのレーザー治療に加え、イオン導入、内服薬及び外用薬を併用することがポイントです。

肝斑の特徴

肝斑の主な特徴はこちらです。メリットが多い皮膚の美容整形であり、デメリットがほどんどないのも特徴です。

スピーディーな施術時間

最短15分で施術が終了し、副作用も最低限に抑えることができます。

痛みが少ない

最先端のレーザー機器を使用しているので、肌への負担を抑えた施術ができます。しかし、痛みが気になるときは、クリニックによって麻酔のリクエストも可能です。

他の美肌ケアもできる

肝斑をケアすると同時に、美肌ケアもできます。セルフケアではできなかった、ムラのない肌色が実現します。

すぐにメイクができる

レーザー施術後は、すぐにメイクができます。施術後にアポイントがあるときでも安心です。

日常生活がすぐにスタートできる

施術後は特に禁止されている行動がないのもメリットです。仕事やデートも延期することなく、スケジュールを無理なく立てることができます。

通院が必要

肝斑の治療には比較的弱めのレーザーが使用されるので、数回の通院が必要です。通院は強制的ではありませんが、3回目の施術により徐々に効果を実感することができます。

しかし、確実に肝斑を除去するには5回の施術が必要です。 また、通院は通常毎週1回の間隔で行われ、必要通院回数はドクターの指示に従います。

肝斑の施術法

皮膚の美容整形の一つである肝斑の施術には、レーザーが主に使用されます。また、効果アップのために、美白成分を配合した内服薬も併用することがあります。

レーザー治療

肝斑の施術法に使用されるレーザーは、シミよりも出力を抑えています。しかし、最先端のレーザー機のおかげで、広範囲にある肝斑でも素早く均一に治療できるようになりました。

もちろん、レーザーの出力が弱くても、効果が下がってしまうことはありません。 肝斑は高い熱量を与えると、炎症が起こりやすくなります。

無駄なエネルギーを極力抑えながら、肝斑に最適な照射をして治療します。そのため、数回の通院はやむを得ませんが、肌に負担をかけずに、快適に肝斑を除去するケアとしては最善と言えます。

美白内服薬・外用薬

肝斑のレーザー治療効果を高めるために、美白内服薬や外用薬を併用することもできます。それぞれ以下の美白成分が主に使用されます。

内服薬

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC

外用薬

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

イオン導入

効果を高める治療薬以外に、美白成分をイオン導入で肌の奥まで届ける方法もあります。内側からじっくり肝斑を薄くすることができます。

  • ビタミンC
  • トラネキサム酸
  • ビタミンE

肝斑の施術で実感できる効果

肝斑の施術が完了すると、どのような効果が得られるのか、ここでチェックしましょう。

美白

肝斑がなくなることで、肌全体に透明感が蘇ります。とりわけくすみやすい目元が明るくなり、肌がワントーンアップします。

毛穴ケア

レーザー治療により、毛穴ケアも同時にしてくれます。毛穴の老廃物をスッキリ除去してくれるので、肌が滑らかになります。毛穴も引き締めて、キメの揃った肌に導きます。

色ムラのない肌になる

肌に均一感が蘇り、すっぴんでも違和感のない肌になります。くすみがなくなるので、ツヤ感もバランス良くなります。

ナチュラルメイクになる

コンシーラーやファンデーションなどを重ねづけする必要がなく、ナチュラルメイクでも素敵な肌に仕上がります。

ニキビケア

ニキビにも作用しながら、繰り返しできる大人のニキビを改善します。顔だけでなく、ボディのニキビにも有効です。

肝斑施術をした後の副作用と注意したいポイント

副作用があっても一時的なものですので、ほぼ気にならない施術ができます。しかし、全くないとは言えないので、ここでいくつか気になる副作用を挙げておきます。また、副作用を長引かせないためにも、注意点も併せて読んでおきましょう。

  • 色素沈着
  • 水ぶくれ
  • 赤み
  • やけど

施術後の注意点

副作用を早めに回復させるためにも、以下のポイントを押さえて過ごすことが大切です。

  • 保湿をする
  • 肌をこすったり、摩擦を与えない
  • UVケアをする

肝斑の施術料金比較

肝斑レーザー施術をするときに、必要とするおおよその料金をチェックしましょう。ここでは、銀座肌クリニックと共立美容外科における、両頬の回数別施術料金を比較しました。
*2018年12月現在、税抜き価格です

 
銀座肌クリニック共立美容外科

1回 92,920円 35,000円
5回 418,140円 150,000円

それぞれの料金を見ると、共立美容外科の方がかなり安く施術ができます。イオン導入が別料金3,240円〜となっていますが、それぞれの料金をプラスしてもお得です。

また、初回の施術では両頬9,800円であることも見逃せません。初心者にも気軽にアクセスできる料金となっています。

一方、銀座肌クリニックでは、それぞれの料金が光治療、イオン導入などの治療、内服薬か外用薬(いずれか一つ)がセット料金になっています。それだけに、高い料金となっていますが、効率良い肝斑ケアができるでしょう。

肝斑を施術した方の口コミ

そもそも肝斑治療をした方はどんな意見をコメントしているでしょうか。ツイッターからの口コミはこちらです。

初回価格で安かったから施術してもらった。シミがある所はやっぱりちょいと痛かった。美容外科って誘惑いっぱいだけどとりあえずシミと肝斑の改善に 引用元:Twitter

さなちゃん!! さなちゃんのオンマ?? めっちゃ綺麗に、なっとらす あたしも肝斑シミあるからめっちゃ気になる1回の施術で?シミ抜きしたいです切実 引用元:Twitter

初めまして!私は現在レーザートーニングを3回終えたところなんですが、3回で肝斑は少し薄くなり、毛穴もすこーし小さくなったように思いますがまだ3回なので…毛穴だけの改善を求めるならほかの施術の方がいいかもしれません~トーニングのメインは肝斑なので! 引用元:Twitter

肝斑だと言われてたのはニキビの炎症だと判明。トーニングよりフラクショナルが合うとのこと。品川は診るだけだったけど、次のところは精密に出る機械で診てくれた。施術も顔の細かい所まで。品川は値段の割に…な感じだね。。 引用元:Twitter

セルフケアではどうしても消えない時は、一度クリニックで試してみると良いです。実際、効果を実感した方が多く、数回施術を繰り返すことでベターな美白効果を得ることができたようです。また、シミやニキビ跡とも勘違いしやすい肝斑は、慎重に診断してもらうのが成功のコツです。

肝斑施術でトータルな美白ケアをして肌の輝きを高めよう

通常のシミに使用されるレーザーよりもソフトにできる施術なら、快適に肝斑を目立たせなくすることができます。さらに、治療薬やイオン導入などを併用することで、美白を促進しましょう。毛穴もキレイになり、さらなる透明感が実感できます!

-スキン

Copyright© 魔法の美学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

Copyright © 魔法の美学 All Rights Reserved.